「埼玉県北本市パートナーシップ宣誓制度」2020年11月1日スタート

公開日 2020年11月12日 最終更新日 2020年11月12日

埼玉県北本市は2020年11月1日から、埼玉県では、さいたま市、川越市、坂戸市に次いで、4例目となる同性カップルを「パートナーシップ」として公認するパートナーシップ宣誓制度を導入しています。

(事実婚の異性カップルも対象となっています)

 

 

 

法律上の婚姻関係や相続権、税金の配偶者控除等といった法的な効力は発生しません。

 

性的少数者や事実婚カップルの方の生活する上での負担を軽減し、 性の多様性を尊重することで、誰もが住みやすいまちづくりを目指し制定したとのことです。

 

宣誓の要件

以下の全てに該当する2人が宣誓を行うことができます。

1、成年であること
2、北本市民であること、または3か月以内に転入を予定していること
3、結婚していないこと(配偶者がいないこと)
4、宣誓者以外の方とパートナーシップまたは事実婚の関係がないこと
5、宣誓者同士が、民法に規定されている婚姻できない間柄でないこと

 

必要書類等

宣誓には、下記のものが必要となります。

1、北本市パートナーシップ宣誓書(様式第1号)
2、誓約書(様式第2号)
3、住民票
4、独身であることを証明する書類(独身証明書・戸籍抄本等)
5、 本人確認ができる書類(個人番号カード、パスポート、運転免許証等)

 

 

なお、同日に千葉県松戸市栃木県栃木市でも、パートナーシップ制度が導入されました。

 

2020年11月1日現在で、

・神奈川県横浜市

・京都府京都市

・福岡県福岡市

・北海道札幌市

・大阪府

 

など、全国で64の自治体で導入されています。

 

導入自治体の一覧は、こちらをご覧ください。

「パートナーシップ制度」導入自治体一覧(2020年11月1日現在)

 

当事務所では、事実婚・同性パートナー・遺言書に関するご相談などを受け付けております。

お問合せ・ご相談(初回無料相談)

Follow me!

あわせて読みたい

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください。
℡ 050-5437-3381
受付時間 月~土8:30-12:30 [ 日・祝日除く ]