質問の持つ力とは? ~ 妻は質問の天才

いつもありがとうございます。

行政書士の佐藤学です。

 

突然ですが、私の妻は日常的にひじょーによく質問をする。

 

いや・・・

「しまくる」のほうがしっくりくるかなw

 

 

かなり突っ込んで聞かれるので、自分の中の奥深い部分へ意識が向く。

 

 

掘って掘って掘りまくった結果

自分でも気がつかなかった、自分の中に眠っていたお宝を発見することもしばしば。

 

 

例えば…

 

私「今日テレビで〇〇の会社の社長の話やってたよ!」

 

妻「どんなところが印象に残ってるの?」

 

私「え、創業300年の伝統を守りつつも、新しい取り組みにも次々とチャレンジして、どんどん業績を伸ばしているところかな」

 

妻「そこから何を感じたの?」

 

私「え、同じことをずっとやってるだけだと守りに入っちゃうと思うから、時代時代のお客さんのニーズにあわせたサービスを提供していきたいって思ったよ」

 

妻「じゃあ、何から始めるの?」

 

私「え、今のサービスとお客様のニーズにズレがないか検証してみるよ」

 

 

という具合ですね。

 

 

 

そして、私にだけではなく、子どもたちにも同じように質問を日常茶飯事にする。

 

お母さんからの質問に子どもたちは、

 

「自分の言葉」で、自分の気持ちや意見をしっかりと答える。

 

上手くまとまらなくても、

「一生懸命に伝えよう」「届けよう」としている。

 

小さいときからそれを繰り返しているからか

自分の意見をしっかり持っているし、それを相手に伝える力も身についている。

 

そんな子どもたちのことを私は尊敬している。

 

 

正直、白鵬関の張り手を食らったんじゃないかって思うくらい

モーレツに痛い質問もあったりで

 

逃げたくなるとき

 

面倒くさいとき

 

答えることが怖いとき

 

そんなネガティブに感じることも正直多々ありました。

 

 

「自分と向き合うことが怖い」

 

 

「自分の答えに自信がない」

 

 

「どう思われるかが怖い」

 

 

ほかにも理由は、いろいろあるけど、そこには「恐れ」がありました。

 

「なんでそう思ったの?」

 

「本当はどうしたいの?」

 

質問をとおして、

あなたにもきっと「本当の答え」が見つかって

自分でも知らなかった自分に出逢うことができます。

 

 

私自身、今こんな環境で生活していることが幸せです。

 

「答えは、すべて自分の中にある」

 

だそうです!(by妻)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

追伸

よかったら、メールマガジンにご登録しませんか?
もちろん無料でいつでも配信解除できます。

メールアドレスのご入力だけで、カンタンにご登録できますよー。

無料メールマガジンご登録フォーム
メールアドレス

 

Follow me!

あわせて読みたい

お問合せはこちら

お気軽にお問い合わせください。
℡ 050-5437-3381
受付時間 月~土8:30-12:30 [ 日・祝日除く ]